FXのレバレッジとは?計算式と2000倍でも危険ではない方法

FXのレバレッジとは?計算式と2000倍でも危険ではない方法

※この記事には、アフィリエイト・プロモーションを含んでいます。

FX(外国為替証拠金取引)を始めると、「レバレッジ」という言葉をよく耳にします。レバレッジを使うことで、手持ちの資金よりも大きな金額で取引できるようになりますが、一歩間違えるとリスクも伴います。この記事では、レバレッジの基本から、国内と海外の違い、そしてレバレッジ2000倍でも安全に取引する方法について、初心者にもわかりやすく解説します。

FXのレバレッジの種類

レバレッジとは、手持ちの資金を元にして、それ以上の金額で取引を行うための仕組みです。例えば、レバレッジ10倍であれば、10万円の資金で100万円分の取引が可能になります。レバレッジの種類には以下のようなものがあります。

  1. 低レバレッジ(1~10倍)
    リスクを抑えたい初心者に向いています。利益も損失も比較的小さくなります。
  2. 中レバレッジ(11~50倍)
    中級者向けで、リスクとリターンのバランスが取れた取引が可能です。
  3. 高レバレッジ(51~500倍)
    経験者向け。大きな利益を狙えますが、同時に大きなリスクも伴います。
  4. 超高レバレッジ(500倍以上)
    海外FXでは2000倍以上のレバレッジを提供する業者もあり、短期間で大きな利益を狙うことが可能ですが、リスクも極めて高いです。

FXのレバレッジ計算|25倍、1000倍、2000倍の3パターンの解説

レバレッジの計算方法はシンプルです。以下のように計算します。

基本的なレバレッジ計算式

レバレッジ25倍の場合の計算式

レバレッジ25倍の場合の計算式

レバレッジ25倍では、1,000,000円の取引を行うために40,000円の証拠金が必要です。これは、証拠金の25倍の取引を行うことができるということです。

低いレバレッジ倍率はリスクも少なく、初心者には向いています。国内FXの場合にはレバレッジの最大倍率は25倍までですので、国内の場合には4万円の証拠金に対して100万円の取引ができるということです。

レバレッジ1000倍の場合の計算式

レバレッジ1000倍の場合の計算式

レバレッジ1000倍では、1,000,000円の取引を行うために必要な証拠金は1,000円です。レバレッジが高いと、少ない資金で大きな取引が可能ですが、その分リスクも大きくなります。XMなどの有名どころの海外FXが最大レバレッジ1000倍を採用しています。

レバレッジ2000倍の場合の計算式

レバレッジ2000倍の場合の計算式

レバレッジ2000倍では、1,000,000円の取引を行うために500円の証拠金が必要です。非常に高いレバレッジであり、わずかな資金で大きな取引ができますが、相場の小さな変動でも大きな損失が発生する可能性があります。

投資家こより

レバレッジ2000倍の取引では500円で100万円分のお金を動かせるので恐ろしい感じがしますが、ゼロカットシステムを採用している取引所ならばリスクが低くすごい利益を狙えるんです。FXや信用取引などで借金する人がいますが、それは損失に対して「追加証拠金」を請求されて払えない状態になって借入するということが大半なので、ゼロカットシステムを採用していることはFX会社選びで超重要です!

国内FXと海外FXのレバレッジの違い

FXには国内業者と海外業者があります。それぞれのレバレッジの最大倍率は異なります。

国内FXの最大レバレッジは25倍

日本国内のFX業者では、レバレッジの最大倍率が法律で25倍に制限されています。これは、過度なリスクを避けるための措置です。25倍のレバレッジでも十分な取引が可能で、比較的安全な取引環境が提供されています。

海外FXの最大レバレッジは2000倍も

一方、海外のFX業者では、2000倍以上の超高レバレッジを提供しているところもあります。このようなレバレッジを使うことで、少ない資金で大きな利益を狙うことができますが、同時に大きな損失リスクも伴います。特に初心者には非常にリスクが高いため、注意が必要です。

レバレッジ取引のリスクは追証

レバレッジ取引のリスクの一つに追証(追加証拠金の請求)があります。これは、ポジションを持った際に相場が急変し、損失が出た場合、証拠金が不足すると追加で証拠金を入金しなければならないことを意味します。国内FX業者の場合、この追証が発生することが多く、資金管理が重要です。

レバレッジ2000倍でも追証がなく安全なゼロカットシステム

海外FX業者では、ゼロカットシステムを採用しているところが多いです。このシステムは、相場が急変して証拠金を上回る損失が発生した場合でも、口座残高がマイナスになることはなく、追加の証拠金を請求されない仕組みです。つまり、トレーダーの損失は口座の残高までで、マイナスになって借金を背負うことはありません。

安全にレバレッジ取引をする方法

レバレッジ2000倍でも安全に取引するためには、以下のポイントに注意しましょう:

  1. ゼロカットシステムを提供している業者を選ぶ
    ゼロカットシステムがあれば、追証のリスクを回避できます。
  2. 資金管理を徹底する
    レバレッジを高くするほどリスクも高まります。取引額を控えめにし、無理のない範囲での取引を心がけましょう。
  3. 損切りラインを設定する
    事前に損失許容範囲を設定しておき、それを超えた場合は速やかに損切りを行いましょう。
  4. マーケットの状況を常にチェックする
    急な相場変動に備えるため、経済ニュースや指標を定期的に確認しましょう。

レバレッジ2000倍、ゼロカットシステム採用、スプレッドが狭いFX取引

Ultima Markets(ウルティママーケッツ)は、初心者から経験豊富なトレーダーまで幅広く利用される信頼性の高いFXブローカーです。100%入金ボーナスやキャッシュバック、超低いスプレッドで取引コストが安く、日本人に向けてもサービスを拡充しており、追証が発生しない安心なゼロカットシステム採用でおすすめです。

まとめ

FXのレバレッジは大きな利益を狙うための強力なツールですが、リスクも伴います。国内のFX業者では最大25倍、海外のFX業者では2000倍以上のレバレッジが利用できますが、追証のリスクがあるため、ゼロカットシステムを提供する業者を選ぶと安心です。適切な資金管理と取引戦略を用いて、レバレッジの利点を最大限に活用しましょう。興味のある方は、安全な取引環境でFXを始めてみてください。

この記事を書いた人

投資家こより

koyori

副業投資家。株から始め、FX、仮想通貨、副業で資産を築いた。そのノウハウを共有すべくブログを立ち上げ。最新の暗号資産・仮想通貨・FX取引環境・自動売買システムなど、資産を増やすコツや情報を配信。