気になるニュース

Zaifハッキング被害の『補償を受け取る方法』が判明!手続きは10/22以降

仮想通貨交換所「Zaif」を運営するテックビューロが、フィスコ仮想通貨取引所(FCCE)へZaif事業を譲渡することが10月10日に発表され、仮想通貨の返還などの補償を行うとしていましたが、補償を受け取る方法までは明らかになっていませんでした。

ただ今回、補償の受け取り方法についての発表があったのでご紹介します。

事の発端について
Zaif、ハッキング被害額67億円...フィスコ買収へ9月20日、国内仮想通貨取引所Zaifがハッキング被害に遭っていたことが明らかになりました。 ホットウォレットに保管していた顧客資...

補償を受け取る方法

10/22以降〜ログイン後

まず、Zaif利用者がFCCEから補償を受けるためには、各利用者が事業譲渡を承諾する必要があります。

そして事業譲渡を承諾するには、10月22日以降に、Zaifのログイン後の画面で手続きが可能となります。

移行手続きは1分で終わります。
Zaif移行手続き手順

ハッキング補償だけではなく『預けている資産の返還』を受けるためにも必要な手続きです。Zaifに資産を預けている方は手続きをしておきましょう。

こより
こより
もし仮に、何もせず放置のままだと補償は一切されないのでご注意ください!

補償を受け取る為の手続き期限

11月21日までには・・

フィスコ仮想通貨取引所(FCCE)への事業譲渡の実行日は11月22日以降となっています。

一旦事業譲渡が実行されてしまうと、補償を受け取れなくなってしまいます。

10月22日〜事業譲渡の実行日である11月21日までの1ヶ月間の内に手続きを済ましておきましょう。

FCCEへの事業譲渡を承諾しないZaifユーザーについては、Zaif口座で仮想通貨の売買ができなくなるので、引き続き売買を行いたい方も手続きを済ましておきましょう。

Zaifハッキング被害の『補償を受け取る方法』が判明!・まとめ

こより
こより
受け取り手続きの期間短いし、Zaifからお知らせ無くね・・?

そもそも手続きしないと、補償が受け取れないというのもユーザーにとって優しくないし、こんな大事なことなのにZaifからの発表は執筆現在(10/17 20:00)ありません・・。

なんとずさんなって感じです笑

くれぐれも補償の受け取りを忘れないよう、みなさん気をつけましょう!

ちなみに、Zaifのコイン積立が一時停止と本日(10/17)発表がありました。11/9〜の1ヶ月分は積立されないので注意が必要です。以降はどうするのか、まだ未定とのこと。

11月分のコイン積立については、銀行口座からの引き落とし、指定通貨の買い付けともに一時停止します。

ABOUT ME
こより
こより
投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 ➡こよりのプロフィールと当ブログ
🔰仮想通貨を始める
  1. 少額資金(1,000円程度)から購入可能
  2. 取引所の口座開設→日本円を入金→ビットコインを買う
  3. 口座開設はハッキングなしの安心取引所ビットバンクがおすすめ
👑キャンペーン中の取引所まとめ