気になるニュース

コインベース、リップルのロゴが物議を醸す

  • コインベースのカストディサービスにXRPが正式に追加
  • XRPのロゴがリップル社のロゴに・・・
  • 上場されていない通貨はXRPとOMGを残すのみ

米国最大の仮想通貨取引所コインベースのカストディ(資産管理)サービスに正式に仮想通貨リップル(XRP)が追加されました。

このニュース自体はXRPにとって大きな好材料です。

ただ、コインベース(Coinbase)のホームページ上に書かれているロゴがXRPのロゴではなく、リップル社のロゴであることが物議を醸し出しています。

カストディサービスにXRPが正式に追加

コインベースのカストディサービスは、10月にニューヨーク州の規制当局から認可されました。

コインベースのカストディサービスに追加されるということは機関投資家にとって安心して取引できる資産であることを意味します。

一般的にカストディ・サービスとは、投資家のために証券を保護するほか、元利金・配当金の代理受領、運用資産の受渡し決済、運用成績の管理などを提供するサービスのことを指します。

こより
こより
機関投資家の資金流入に期待!
カストディサービスとは
コインベースが導入してる『カストディサービス』ってなに!?米国仮想通貨取引所大手のコインベース(Coinbase)が、カストディサービスに約40種類の仮想通貨を追加することを検討していると発表が...

カストディサービスに追加されたXRPのロゴが問題

コインベースがホームページ上に掲載したのは、XRPのロゴではなく、リップル社のロゴ。

以前まではXRPのロゴもリップル社のロゴも上記画像のやじるじにあるロゴと同じものを使用していましたが、区別がつきにくいという理由からXRPとリップル社のロゴは別々のものになっています。

これには「ロゴが間違ってる」や「なぜ未だにXRPとリップルを混同しているのか」というような批判の声がTwitter上に挙がっており、物議を醸しました。

こより
こより
未だにこんな間違いをしているコインベース、さすがに意図的じゃないよね!?どうしちゃったんだろうという感じです。

XRP表記変更

11月22日時点においては、すでにXRP表記に変更されたみたいですね!ただ表記の色がリップル社のままというのが気になりますねw

XRPのロゴは普通こんな感じなんですけどね…。

リップルとXRPの違いとは
【リップラーなら絶対に知っておきたい!】リップルとXRPの違いとは リップルは企業名、XRPは仮想通貨の名前 リップル社が潰れても、XRPは消えない よくリップルとXRPを混同...

上場通貨として、残すはXRPとOMGのみ

ロゴの他にも気になる点が1つあります。

それは、コインベースがカストディサービスに採用している通貨の中で、取引所コインベースに上場していない通貨が、「XRP」と「OMG」のみとなったということです。

この結果を受け、XRPのコインベースへの上場も近いのではないかという観測も出てきています。

過去にもさんざん「コインベースにXRPが上場するかも!?」という噂や期待がありましたが、全て噂で終わっており、未だにXRPはコインベースに上場しておりません。

今回も噂や期待で終わるのか、それとも待望の上場となるのか、気になるところです。

こより
こより
さすがに、このままXRPを上場させないとは考え難いので、どこかのタイミングで突然やってくるでしょうね!
【XRP Tip Botの使い方】リップル(XRP)を使った投げ銭サービスXRPTipBotとは、仮想通貨XRPを利用した投げ銭サービスです。 XRP送付アドレスを知らなくても、Twitterアカウントさ...
ABOUT ME
こより
こより
投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 ➡こよりのプロフィールと当ブログ
🔰仮想通貨を始める
  1. 少額資金(1,000円程度)から購入可能
  2. 取引所の口座開設→日本円を入金→ビットコインを買う
  3. 口座開設はハッキングなしの安心取引所ビットバンクがおすすめ
👑キャンペーン中の取引所まとめ