上場ニュース

TRON (トロン)Bittrex・UPbit上場で30%ほど高騰|仮想通貨ニュースまとめ

TRON (トロン)Bittrex・UPbit上場で高騰
f:id:virtualcurrency:20180212010537p:plain

Dear:読者様
こんにちは、仮想通貨ブロガーこよりです(๑

【3月2日の仮想通貨ニュースまとめ】をお届けします!

Goodニュース(3件)

TRON (トロン)Bittrexに上場で30%ほど高騰

アメリカにある大手仮想通貨取引所「Bittrex」に TRON (トロン)が上場しました(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

上場発表直後には30%ほど価格が上昇しましたが、一旦落ち着き、上場する前とあまり変わらない価格にまで下落しています。

トロン上場ビットレックス

TRON(トロン/TRX)プロジェクトの主な目標のひとつとして、「ゲーム業界に参入する」ということを掲げています。

ゲーム関連で言えば、TRON(トロン/TRX)の最も重要なパートナーは未だにGame.comの一社だけですが、今後パートナーを増すことができれば、もっともっと注目が集まるんじゃないでしょうか。

TRON (トロン)は他にも2つ取引所でも上場しています。

TRON (トロン)LBANKに上場

1つ目はアジアで有名は取引所LBANKになります。

ただBTC建てではなく、ETH建てのみの取引となっています。

TRON (トロン)UPbitに上場

2つ目は韓国で有名は取引所UPbitになります。 

UPbitはかなり取引量が多いことで有名で、現時点の取引所別24時間取引量ランキング世界第4位の位置につけています。1位はバイナンスです!

さすがバイナンスですね(笑)

直近で3つの取引所に上場させるとは、TRON (トロン)は結構精力的に動いてますね!今後のTRON (トロン)の価格・動向に注目です!

TRON (トロン) 買うならバイナンス

○バイナンス公式サイト

○バイナンス口座登録の解説

ビットフライヤーら16社で新団体設立へ

現在仮想通貨業界には2つの団体があります。日本仮想通貨事業者協会(JCBA)と日本ブロックチェーン協会(JBA)です。

2つのそれぞれの団体に、取引所が加盟しています。例えば(JCBA)にはマネーパートナーズだったり、(JBA)にはビットフライヤーだったり・・。

そしてそれぞれの団体には独自の規制・ルールがあり、加盟している取引所はそのルールに遵守します。

今回はこの2つの団体の他に、新たらしい団体を作ることが決まりました!というニュースです。

新団体に加盟できるのは現時点では、金融庁から登録を受けている16社のみです!「みなし業者」と言われているところは加盟できません。※コインチェックはみなし業者の為、現時点では加盟することはできません。

ここで「金融庁から登録を受けている16社」と「みなし業者16社」を見てみましょう!

仮想通貨交換業者(16社)とみなし業者(16社)一覧

「金融庁から登録を受けている16社」と「みなし業者16社」一覧

セキュリティ(コールドウォレットやマルチシグの活用)や、広告規制など統一したルールを定め、新団体に加盟している取引所であれば信頼、安心して使えるじゃん!って思ってもらえるようにするとのこと!

日本は仮想通貨に対してものすごく前向きだね!! 

ドイツで仮想通貨が法定通貨と同等に!?

ドイツ連邦財務省の発表によると、ビットコインや他のアルトコインを含めた仮想通貨について、法定通貨と同等なものとして扱う方針とのこと!

これにより物品購入時の消費税の2重支払いを避けることが可能になり、仮想通貨を支払いに使うハードルを下げることに繋がったんではないでしょうか。

なお、この部分を元に「ドイツは支払いに用いる仮想通貨に非課税」と報じているメディアも存在。 

Badニュース(1件)

 「Zaif」APIキー悪用で不正出金

テックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨取引所「Zaif」で仮想通貨の不正出金・不正取引が発生しました。
テックビューロは利用者に発行している「APIキー」が悪用され、10人分のアカウントについて合計37件の不正出金が行われたほか、15人分のアカウントで合計137件の不正注文があったと1月10日、公表しまた。

テックビューロの対応としては「同額の仮想通貨を返却いたします」とのことだが、APIキーの漏洩経路については依然として判明していません。

この件のほかにも2月16日、ある個人がZaifで21億BTC(2200兆円)ものビットコインを購入した。という事象がありました。

システムの不具合が原因としていますが、トラブルが相次いで起きており、その後の対応もあまり評判の良いものではないので、仮想通貨市場の為にもなんとか頑張って欲しいところです!