ニュースまとめ

中国が規制するものは投資するべき-「ロジャー・バー氏」が語るデジタル通貨を好む5つの理由

こんにちは、こよりです(o’ω’)ノ
本日の仮想通貨ニュースはこちら⭐

ビットコインが金融システム崩壊が起きた際のヘッジファンドとなる

ロシアの投資家でアナリストのMikhail Mashchenko氏は金融システムの崩壊が起きた場合、ビットコインがヘッジファンドまたは、投資家達のライフラインになる可能性があると語る。
暗号通貨市場が激変する中で、ビットコインの需要は増えており、プロの投資家は保険としてこれを認識しています。
ただ、投資家達はボラティリティーを嫌うためその改善も課題となってくる。
CMEグループによるビットコイン先物取引など機関投資家向けのサービスが増えつつあるが、デジタルプラットフォームへの機関投資家の誘致には依然、インフラ整備が必要であると彼は考えています。

ヘッジファンドとは

主に富裕層や機関投資家から資金を集め、ハイリスク・ハイリターンの運用をする投資組織のことを指します。

彼らは外資の大手金融機関出身の金融エリートや長く運用取引の世界に身を置く金融のプロフェッショナルであり、常に金融業界の最前線を突き進んでいます。

その中で日々最新の情報を掴み、最高峰の理論・分析を用いて、最適な手段を講じ、最善の手を尽くすことによって、どんな状況であれ利益を生み出し続けることを追求しています。

つまり、相場が上がっていても下がっていても、どのような状況であっても利益を追求するプロ中のプロの資産運用の集団なのです。

また、ヘッジファンドの運用は単発で終わりません。
例えば「ポケモンGOが流行るから任天堂関連の株価が上がりそうだ」といったケースでいくらか稼いだところで事業・組織としては成立しません。
ヘッジファンドは安定した利益を継続して数十年以上にもわたって、継続的に生み出し続けていくことを目的としています。
このことからビットコインにヘッジファンドが参入してくるということは大きな意味を持つことになると思います!

「ビットコインの教祖」がデジタル通貨を好む5つの理由

 仮想通貨に絶大なる影響力を持っているロジャー・バー氏へのインタビュー映像。

デジタル通貨を好む5つの理由

・インターネットの発明にも匹敵する革新的な発明である
・従来の通貨よりデジタル通貨の方が信頼がある
・中国が規制するものは投資するべき
・供給が限られた通貨で決済が簡単で手数料も安い
・ボラティリティが下がってきている(とは言っても1日20%ほど)

BTCは日本での出来高が目立つ

ABOUT ME
こより
こより
「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営している「こより」です。主に初心者さん向けブログとなっています(๑•◡
取引所は目的別で運用しよう!

リップル・ビットコインキャッシュを安く購入したいならビットバンク

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで
取引手数料無料キャンペーン延長中!!
期間 2017年10月16日10:00〜2018年9月30日00:00

 
詳細ページ公式ページ

ネム・モナコイン・イーサリアムを安く購入したいならZaif(ザイフ)

ザイフではネム・モナコイン・イーサリアムを無駄な手数料を払わず日本円で購入する事が出来ます♪

 
詳細ページ公式ページ

アルトコインFXするならDMM Bitcoin

国内唯一アルトコインFXに特化した取引所。

 
詳細ページ公式ページ