気になるニュース

マウントゴックス、16万ビットコイン(BTC)の行方・売るの?売らないの?


▼口座開設数急上昇!!取引手数料0%の注目の取引所!開設方法

こんにちは、仮想通貨ブロガーこより(@vc_koyori)です(๑•◡

マウントゴックス(MtGox)管財人の小林信明氏(弁護士)が当時の投資家達への返金資金確保の為、去年9月から今までに429億円分のBTC・BCCを売却をしていたことが明らかになり、さらに現在保有している16万BTC・BCCいつ売るのか?それとも売らないのか?をまとめてみました(๑•◡

今回の騒動の発端となったのは、マウントゴックス(MtGox)管財人の小林信明氏(弁護士)が当時の投資家達への返金資金確保の為、去年9月から今までに429億円分のBTC・BCCを売却したことにより、ビットコイン価格が暴落したということにあります!!

ビットコイン価格が暴落したということが最大の焦点です!!

事の発端、429億円分のBTC売却でビットコイン暴落

429億円分のBTCは一気に売却したわけではなく、1/17に8000BTC、1/31に6000BTC、2/5に18000BTC売却・・といった具合に何回かにわけて売却している模様です。

下記画像はマウントゴックスが売ったとされる「日にちとチャート」を組み合わせたものになります。

マウントゴックスBTC売却日

米記事で「ビットコインを暴落させたのはこの人です」と紹介される

マウントゴックスが行った膨大なビットコイン売却は仮想通貨市場に大きく影響し、暴落を招いたとされ、

マウントゴックス破産管財人の弁護士「小林信明」さんが米記事で「Meet The ‘Man’ Who Crashed Bitcoin In 2018」というタイトルで紹介されています∑(´゚ω゚`;)

米記事を紹介したツイート

このツイートでの反響は大きく、大半のコメント・意見は429億円分を売ったマウントゴックス(MtGox)管財人の小林信明氏への批判でした・・。

「世界のお尋ね者」「裏でショートしてるクズ」など・・。

今後、16万BTCを売るとなると429億円の4倍相当の金額になる為、もし仮に売るとなるとかなり市場に影響が出て来るんじゃないでしょうか(`ε´)ぶーぶー

16万ビットコイン(BTC)の今後の行方

いろんな情報が飛び交っており「MtGox管財人は9月18日までは16万BTCを売れない」などという情報がありますが、それは間違いで、9月18日というのは単に債権者集会のスケジュールであって、管財人は裁判所の許可を得て売る事もできます

ただ、法律上は民事再生決定が出るまで売却の権限はあるが、実際は売らないだろうという話です。なので現状言えることは「売る・売らない」どちらの選択肢もあるということです∑(´゚ω゚`;)

民事再生が認められるか否かがカギ

マウントゴックス社が債権者に支払う方法として「円」か「BTC」という方法があります。もし民事再生が認められれば「BTC」での支払いとなり、今回のような暴落にはならないと推測されます!

なので動向を追うのであれば「民事再生」かどうかってことに注目ですね(*-ω-)*´ω`)*-ω-)*´ω`)ウンウン

まとめ

今回の売却(429億円分のBTC売却)で債権者に対する多額の利益が確保されたので、民事再生に関しては可能性は多いにあると思います、

ただ16万BTC・BCCを「なるべく高値で処分したい」と発表しているのが気になります(`ε´)ぶーぶー

個人的にはやっぱり債権者にはBTCで返して欲しいですね=͟͟͞͞( ๑`・ω・´) あと他の方法として「OTC取引」での返金ですかね・・。

OTC取引って??

OTC取引は売り手と買い手の当事者間での直接取引、何かのシステムを使うこともなく、二人の人間が合意すればすぐにでも行うことができる、最も原始的なトレード方法。

超簡単に言うと「わたしが1BTCあげるから100万円ちょうだい」が個人間で成立すること^^

豆知識

 

 

ABOUT ME
こより
こより
一般企業に務める20代・投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 こよりのプロフィールと当ブログについて➡
ビットコインFX(レバレッジ取引)ならBitMEX


スマホからでも簡単登録!3分で登録完了。プロトレーダー御用達のBitMEX。最大100倍のレバレッジ!追証がない(=借金にならない)ので安心。ビットコイン・アルトコインFXするならBitMEX。取引手数料10%割引はこちらから▼

BitMEX
公式サイト

無駄な手数料を払わず、安く購入できる取引所を選んで賢く立ち回りましょう!

 

XRP・BCH対応のハードウォレット

Ledger Nano S 公式

国内大手取引所のコインチェック・Zaifがハッキング被害に・・・そろそろ取引所に仮想通貨を預けるのやめませんか?仮想通貨をネットを切り離した環境で安全に保管。日本語対応。

使い方徹底解説

【2018】仮想通貨「登録交換業者・みなし業者」一覧


仮想通貨取引を行う際は、安心・安全の「仮想通貨登録交換業者」を選びましょう。
 
仮想通貨登録交換業者一覧