ノウハウ・初心者向け

【Maker(メイカー)とTaker(テイカー)の手数料の違いを解説】仮想通貨取引に役立つ豆知識

  • 『Maker(メイカー)』手数料とは:板に無い指値で注文する際にかかる手数料
  • 『Taker(テイカー)』手数料とは:板にある指値or成行注文の際にかかる手数料

仮想通貨取引所の手数料で『Maker(メイカー)』 と『Taker(テイカー)』という言葉を聞いたことはないでしょうか?

聞いたことはあるけど、正直意味があんまりわかっていないという方、結構多いんじゃないでしょうか。

今日は、この記事を読んで『Maker(メイカー)』 と『Taker(テイカー)』の手数料の違いについて知っておきましょう!

こより
こより
全然難しくないので一度覚えれば、忘れることはないと思います!たぶん!

『Maker(メイカー)』・『Taker(テイカー)』の違いとは??

『Maker(メイカー)』と『Taker(テイカー)』の違いの前に、板取引について少し触れておきます。

「板取引」を採用して仮想通貨の売買を行っている取引所では、上の図のような注文の板が並んでいます。

簡単に言えば、「この値段で売りたい(買いたい)」という注文が並んでいるのが『板取引』です。

例えば上の図の板で言うなら、すぐに仮想通貨が欲しければ、売りに出ている中で一番安い『400010』の価格で、指値注文を出せばOKとなります。(※この場合は、板に出ている中で、一番安い価格で買える「成行注文」をするのと同じ注文です)

指値注文、成行注文とは?
  • 指値注文:買うもしくは売る値段を”指定”する注文方法
  • 成行注文:値段を”指定しない”注文方法

『Maker』手数料について

『Maker(メイカー)』とは、板に無い価格を新しく指値で作る注文方法のことを指します。

『価格を作る人』=『Maker』とイメージしてもらえれば覚えやすいと思います。

『Maker(メイカー)』で注文した際にかかる手数料が『Maker手数料』です。

『Taker』手数料について

『Taker(テイカー)』とは、既にある価格を指値/成行で注文方法のことを指します。

『すでにある価格を拾う人』=『Taker』とイメージしてもらえれば覚えやすいと思います。

『Taker(テイカー)』で注文した際にかかる手数料が『Taker手数料』です。

基本的にMaker手数料より、Taker手数料の方が高い

基本的には『Maker手数料』の方が安く『Taker』手数料の方が高いことのほうが多です。

上の画像は、bitbank(ビットバンク)の手数料一覧になります。

取引所によっては、マイナス手数料といって『Maker(メイカー)』で取引すると、お金がもらえるというキャンペーンをやっているところもあります。

こより
こより
ちなみに、bitbank(ビットバンク)は2019年1月5日より新たにマイナス手数料(-0.05%)を導入。一時的なキャンペーンではなく継続的な導入です。取引をするだけでお金がもらえる為、かなりお得です。
一例

例えば、100万円分の注文を行った際、いくらお得になるのか? 計算式は以下の通りです。

  • 1,000,000×0.0005=500円

一見少ないように感じるかもしれませんが、何度も取引することで、将来的に大きな差に繋がります。

細かいところかもしれませんが、ここは軽視するべきところではないと思っています。

取引手数料を抑えたいという方は、『Maker(メイカー)』・『Taker(テイカー)』手数料をしっかり確認しておきましょう。

なぜ、Maker手数料の方が安いのか?

取引所としては、いろいろな価格の板を作ってくれた方が、それだけでも取引も活性化するというメリットがあります。

そのため、Takerz(テイカー)手数料よりMaker(メイカー)手数料の方が安い、もしくは同額手数料という取引所がほとんどです。

取引する側としては、一桁でも違う板を並べるだけでマイナス手数料になったり手数料0円になったりするので、ひと手間かけてでも『価格を作る人』=『Maker』になるということも視野に入れて取引するといいでしょう。

取引手数料が安くて、おすすめの取引所【2選】

最後に、取引手数料が安くておすすめの取引所を2社ご紹介します。

1社目は、bitbank(ビットバンク)です。

bitbank(ビットバンク)

  • Maker(メイカー)手数料:マイナス(-0.05%)
  • Taker(テイカー)手数料:0.15%

ビットバンクの登録(口座開設)方法。BCH、XRPが安く買える取引所。

2社目は、BITPoint(ビットポイント)です。

BITPoint(ビットポイント)

  • Maker(メイカー)手数料:0%
  • Taker(テイカー)手数料:0%

ビットポイントの評判・MT4・手数料を解説!口座開設方法とは

こより
こより
国内取引所は他にも多数ありますが、取引手数料が安くて、本当におすすめできるのは上記2社になります。

以上、Maker(メイカー)とTaker(テイカー)手数料の違いの解説でした。

ABOUT ME
こより
こより
投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 ➡こよりのプロフィールと当ブログ
🔰仮想通貨を始める
  1. 少額資金(1,000円程度)から購入可能
  2. 取引所の口座開設→日本円を入金→ビットコインを買う
  3. 口座開設は手数料無料のビットポイントがおすすめ
👑キャンペーン中の取引所まとめ