気になるニュース

ビットコイン相場「強気の日本勢と弱気の海外勢」

こんにちは、こよりです(๑

ビットコインの価格が乱高下しています。

ビットコインチャート

ドル建て価格は日本時間22日夜に1ビットコイン=1万1000ドルを割り込み、17日の最高値(1万9783ドル)から4割下落した。ただ、23日には1万5000ドル台に戻すなど底堅さも見せています。チャート的にはダブルボトムを形成していると思われます。

この暴落と、その後の上昇には日本と海外のそれぞれの思惑が。

強気の日本勢

ビットコインの世界取引のうち日本円の占める割合は以前は40%台前半で推移していたが、25日時点で約49%にまで上昇。

ビットコインが急落した22日夜、国内のツイッター上で「ビットコイン、大バーゲンセールだ!」というつぶやきが相次ぎました。

「ビットコイン、大バーゲンセール」ツイート

価格が下がったので今が買い時!ということで、あくまで「買い」の姿勢です。

これまでビットコインは急落してもすぐに戻してきた経験から、今回の暴落も押し目買いチャンスと見た投資家が多いようです。

弱気(売り姿勢)の海外勢

米ブルームバーグなどによると、著名投資家のマイケル・ノボグラッツ氏は今月予定していた仮想通貨ファンドの立ち上げを延期することを決めたみたいです。

韓国では前週、仮想通貨取引所のユービットがハッキング被害を受け、顧客の資金が流出して破産申請に追い込まれ、北朝鮮のサイバー攻撃との見方もあり、警戒感が高まっています。

もう一つ懸念材料として、ビットコイン全体の半数超を開発者らが保有しているということ。大量保有者がさらに売り圧力を高めれば、今後の価格下落に拍車をかける可能性は十分にあります。

ビットコイン、急落でも群がる日本マネー :日本経済新聞

まとめ

最近日本では新規のユーザーが急速に増えつつあります、この勢いのまま日本勢が底値を上げつつビットコイン相場を押し上げていけるのかが、今後のビットコイン価格を左右するんではないでしょうか。

もう一度言いますが、ビットコインの世界取引のうち日本円の占める割合は25日時点で約49%まで上昇しています。「日本マネー」の存在はビットコイン相場にとって大きな意味を表していると思います(๑•̀д•́๑)キリッ

ABOUT ME
こより
こより
一般企業に務める20代・投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 こよりのプロフィールと当ブログについて➡
BTCのレバレッジ取引ならBitMEX


スマホからでも簡単登録!3分で登録完了。プロトレーダー御用達のBitMEX。最大100倍のレバレッジ!追証がない(=借金にならない)ので安心。取引手数料10%割引はこちらから▼

BitMEX
公式サイト

 

仮想通貨を無駄な手数料を払わず、一番安く購入できる取引所を選んで賢く立ち回ろう。