ニュースまとめ

G20・BTC上昇の理由”仮想通貨は世界金融システムの脅威とならない”仮想通貨ニュースまとめ

こんにちは、こより(@vc_koyori)です(๑•◡

【Goodニュース(4件)】

  1. BTC上昇・その理由
  2. BTC相場は時間枠で考える
  3. ベネズエラ国家によるマイニング
  4. リップル社のCEOの発言

【Badニュース(1件)】

  1. Twitter仮想通貨広告禁止!?

BTC上昇!仮想通貨は世界金融システムの脅威とならないと発言

G20での英マーク・カーニー総裁(金融安定理事長を兼務)の、

”仮想通貨は世界金融システムの脅威とならない”

という発言がBTCを上昇させたと言われています!

この発言の裏付けとして、現在の仮想通貨市場は「規模が世界のGDPの1%に過ぎないから」と述べています。

言ってみれば、まだまだ仮想通貨市場は未熟でバブルと言えるレベルでもなければ、気にするレベルでもないという事(@ ̄□ ̄@;)ナンダトッ!

そりゃ上昇もするわな(笑)

 BTC相場、「悲観的」や「楽観的」な考えは時間枠で違う

現在(執筆中)のBTC価格は90万円前後。

1年前(2017年3月19日)のBTC価格は約13万円です!

1年前と比べれば約+700%になっています。

1年前の価格知ってた??

まずここで1年前のBTC価格の低さに驚いた方は時間枠を短期で見過ぎていると思われます!

では短期、3ヶ月前のBTC価格はというと約220万円です!

現在の価格が90万円なので、 3ヶ月前と比べれば約−60%です。

このようにどの時間枠で見るかによって悲観的になったり、楽観的になったりします。もしトレードしないのであれば、「短期の悲観」に惑わされることなく、「長期の楽観」を見守りましょう(*-ω-)*´ω`)*-ω-)*´ω`)ウンウン♪

ただ「長期の悲観」が訪れることも想定しておきましょう!

ベネズエラ政府、100万人規模でのマイニング!?

ベネズエラ政府は、国の政策として仮想通貨のマイニングを行う予定で、100万人規模の市民を動員してのマイニング事業を展開する考えのようです!

日本ではSBI、DMM、GMOなどの各企業がマイニング事業を展開するといった事例はありますが、国の政策としてのマイニング事業は初なんじゃないでしょうか!?(笑)

最終的には需要をもたらし、実際に使われる仮想通貨が生き残る

リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏がWBSのインタビューで

”最終的には需要をもたらし、実際に使われる仮想通貨が生き残る”

と発言しました。

XRPは現在着々と”実際に使われる仮想通貨”として精力的に活動しており、将来を期待される仮想通貨のひとつであることは間違いないでしょう(*-ω-)*´ω`)*-ω-)*´ω`)ウンウン♪

Twitterが仮想通貨広告禁止!?

最近ではGoogle、Facebookでの仮想通貨広告禁止が話題となり、いよいよTwitterまでもが仮想通貨広告が禁止になりそうな雰囲気です!

今回の「Twitter仮想通貨広告禁止」報道は、あくまで公式発表ではなく、スカイニュースという英メディアが報じたものになります。

ただ、Twitterの代理人は、米最大手の仮想通貨メディアCoinDeskへの電子メールの返信で、同社は現在コメントしていないとしているが、報告書を否定しなかったと述べた。

このことから、近いうちにはTwitter公式から仮想通貨の広告禁止の発表があるかもしれません!こうなってくると、いよいよYouTubeも仮想通貨広告が禁止になりそうなニオイがしますね( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ビットフライヤー「anan」に載る

2018 年 3 月 21 日号(No. 2094)ビットコイン特集にて掲載された模様=͟͟͞͞( ๑`・ω・´)

ABOUT ME
こより
こより
「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営している「こより」です。主に初心者さん向けブログとなっています(๑•◡
取引所は目的別で運用しよう!

リップル・ビットコインキャッシュを安く購入したいならビットバンク

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで
取引手数料無料キャンペーン延長中!!
期間 2017年10月16日10:00〜2018年9月30日00:00

 
詳細ページ公式ページ

ネム・モナコイン・イーサリアムを安く購入したいならZaif(ザイフ)

ザイフではネム・モナコイン・イーサリアムを無駄な手数料を払わず日本円で購入する事が出来ます♪

 
詳細ページ公式ページ

アルトコインFXするならDMM Bitcoin

国内唯一アルトコインFXに特化した取引所。

 
詳細ページ公式ページ