気になるニュース

コインチェック「匿名通貨」取扱廃止へ、運用再開は6月18日!?仮想通貨ニュースまとめ

こんにちは、こより(@vc_koyori)です。今日の仮想通貨ニュースまとめ(๑•◡

【Goodニュース】

  1. コインチェック一部仮想通貨廃止と共に運用再開へ
  2. マネックス、仮想通貨事業で米国進出を狙う
  3. アップル共同創設者のスティーブ・ウォズニアック氏がビットコインを評価

【Badニュース】

  1. モナコイン攻撃で1,000万の被害

コインチェック(XMR、REP、DASH、ZEC)取扱廃止へ

18日、コインチェックが匿名通貨を含む一部仮想通貨の取扱廃止を発表しました。取扱廃止となる仮想通貨は4種類(モネロ・オーガー・ダッシュ・ジーキャッシュ)です。

取扱廃止理由

仮想通貨の特性を踏まえた各種リスクの再検証を実施した上で、少しでも懸念のある通貨を取扱うことについては適切ではないという判断とのこと。

唯一匿名通貨ではないAugur(オーガー)に関しては、未来予測市場をターゲットにした通貨の特性上、「将来的に日本国民のギャンブル(賭博)を助長しかねない」として廃止対象になったみたいです。

取扱廃止日時と処遇

廃止日は2018年6月18日

処遇に関しては以下引用を参照。

1:取り扱い廃止に伴い、廃止日に保有している対象通貨は、市場価格で売却し、日本円に転換されます。
2:売却で取得する日本円は、Coincheckアカウントの残高に反映されます。
3:本案内により多数の送金申請をいただいた場合、目視等での確認も含め送金完了までに数日程度お時間を頂戴する場合がございます。
4:出金の際は取引時確認の完了が必要です。また、別途追加での取引時確認を行う場合がございますことをご了承ください。

今回匿名通貨を含む一部仮想通貨の取扱廃止日が6月18日となっており、コインチェックの運用再開がこの時期になるんじゃないかと予測されます。

今回の対応は運用開始へ向けての健全な良いニュースだと思います!

新生コインチェックの運用再開が楽しみです(๑•◡

コインチェックお知らせページ >

コインチェックを買収したマネックスが仮想通貨事業で米国進出を狙う

国内最大手のコインチェックを買収した「マネックスグループ」が、仮想通貨事業でのアメリカ進出を本格的に検討していることを、ブルームバーグのインタビューで答えました。

マネックスグループはアメリカのフロリダ州に本拠を置き、すでに米国内に強固な顧客基盤を有しており、その強みを活かす方向で「クリプトアセット部門」として海外進出をもくろんでいます!

コインチェック経営再建を進めるマネックス松本大CEOはすごい人!

開成中学校・高等学校、東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズを経てゴールドマン・サックスに勤務。債券トレード、デリバティブ取引などに従事したのち、マネックス証券を設立しています。

ゴールドマン・サックスとは

ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc., NYSE: GS)は、アメリカの金融グループであり、世界最大級の投資銀行。歴史は古く1869年に設立されています。

今後のマネックスグループ及びコインチェックには期待です(๑•◡

Steve Wozniak氏、ビットコインを優秀と評価!

アップル共同創設者のSteve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏がビットコインは価値の保存性という面で法定通貨より優れていると評価しました。

Steve Wozniak氏とは

アップル社の最初のパーソナルコンピュータを発明・開発し、スティーブ・ジョブズ氏とともに、アップルを創業した「天才技術者」として知られています。

ビットコインを優秀と評価した理由

ビットコインは、最大発行量の上限が定められているため、政治的理由で上限なしに「印刷できる」法定通貨に比べると、価値の保存性に優れているという理由で優秀と評価しています。

技術に対しても高評価!

ビットコインに用いられているブロックチェーン技術に対してブロックチェーン技術は次なる重要なIT革命だとして高く評価しています。

ブロックチェーン技術はビットコイン(仮想通貨)だけでなく、多方面での実用的な用途して今後期待されている技術であり、仮想通貨業界以外でも注目を浴びています。

モナコイン攻撃を図解で説明

https://twitter.com/aisu_mo_mo/statuses/997363825950179328

国産仮想通貨である「モナコイン」(MONACOIN)が5月15日までに、マイナー(採掘者)による攻撃を受け、巻き戻し(Reorganization/Reorg)が複数回起きました。

これにより、海外のある取引所では約1,000万円の被害が出ており、モナコインを扱う国内取引所は17日夜から、モナコイン入金に必要な承認数を上げたり、入金を一時停止するなどの対策が施されました。

今回のモナコイン攻撃の概要は一言ではなかなか説明出来ないので、参考となるツイートと2つの参考サイトの紹介をさせて頂きます!

ツイッターでの投稿

1.モナコインへの攻撃(BLOCK WITHHOLDING ATTACK)について

ビットコイン研究所ブログ

http://doublehash.me/monacoin-attacked/

2.モナコインへの攻撃から、ブロックチェーンへの攻撃やマイニングを深掘り

なかなか知識がないと理解出来ない話に・・みなさんは理解できましたでしょうか?

わたしは付いて行くので精一杯です(笑)どんなものにでも欠陥はある!ってことくらいの理解ですww

もっと勉強します!!(๑•̀д•́๑)キリッ

ABOUT ME
こより
こより
一般企業に務める20代・投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 こよりのプロフィールと当ブログについて➡
BTCのレバレッジ取引ならBitMEX


スマホからでも簡単登録!3分で登録完了。プロトレーダー御用達のBitMEX。最大100倍のレバレッジ!追証がない(=借金にならない)ので安心。取引手数料10%割引はこちらから▼

BitMEX
公式サイト

 

仮想通貨を無駄な手数料を払わず、一番安く購入できる取引所を選んで賢く立ち回ろう。