気になるニュース

【コインベース、欧州6カ国で仮想通貨Visaカード発行へ】Visaカード加盟店であれば仮想通貨で支払うことが可能に

  • コインベース、欧州6カ国で仮想通貨Visaのデビットカード発行
  • Visaカード加盟店であれば仮想通貨で支払うことが可能に

米最大手仮想取引所Coinbaseが発行する仮想通貨ビザデビットカード「Coinbase Card」は新たに欧州の6ヵ国における発行・利用が可能になったことが、米CNBCの報道で明らかになりました。

新たに加わった国は、スペイン・ドイツ・フランス・イタリア・アイルランド・オランダ。の6ヵ国です。

Coinbaseは今年4月に、Visa(ビザ)と連結して、仮想通貨を利用するデビットカード「Coinbase Card」を初めてイギリスで発行しており、実質7ヵ国で利用できるということになります。

Visaカード加盟店であればどの店舗でも仮想通貨決済が可能

Coinbase Cardの特徴としては、Visaカード加盟店であればどの店でも仮想通貨で支払うことが可能だという点です。

ユーザーはどの仮想通貨で支払うかアプリ内で決め、コインベースが仮想通貨から現金に変換する仕組みになっています。

ただし、支払いには手数料がかかるようです。

英国コインベース社のジーシャン・フェロスCEOは、「ビットコインで食品を買って、その直後にライトコインでコーヒーを買う、といったことができる」と述べており、着実に仮想通貨の決済利用が進んでいるように思われます。

またFeroz氏は4月のイギリス向けのデビットカードに関して、「カードの発行が着実に増えている」と、具体的な数字を明かしていないものの、最初の1000枚発行数(無料)を超えていると言及しています。

仮想通貨の決済利用ができるアプリ「SPEDN」

仮想通貨の決済利用はCoinbase Cardに限らず、Coinbaseが最初にCoinbase Cardを発表した数週間後には、米仮想通貨決済サービススタートアップFlexaはスターバックスなどで決済できるアプリSPEDNを公式に発表しています。

  • 【驚異の6%還元率】仮想通貨と連動したVISAカード、独自トークン「SPND」で還元
【驚異の6%還元率】仮想通貨と連動したVISAカード、独自トークン「SPND」で還元 アップルペイとグーグルペイ対応の仮想通貨と連動したスマホ決済 富裕層向けブラックカードは驚異の6%還元率(スペンド独自...

Flexaは、米国の大手リテール企業15社と提携し、全米の店舗において利用可能となっています。

現在、決済サポートとなっている仮想通貨銘柄は、BTC・ETH・BCH・GUSDとの4つです。

こより
こより
仮想通貨が「通貨」として実利用がより広範囲に普及することで高まる需要は、市場にも直結すると予想されます。
ABOUT ME
こより
こより
投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 ➡こよりのプロフィールと当ブログ
🔰仮想通貨を始める
  1. 少額資金(1,000円程度)から購入可能
  2. 取引所の口座開設→日本円を入金→ビットコインを買う
  3. 口座開設は手数料無料のビットポイントがおすすめ
👑キャンペーン中の取引所まとめ