雑記

【資産230億】投資家cisの素顔「小学生で仮想通貨を発行し稼ぎ始め、中3でパチンコを経験し高校で元締めに」

 いま一押しのキャンペーン
大手仮想通貨取引所ビットポイント『新規口座開設』と『5万円以上の入金』で3,000円相当分のビットコインがもらえる!! 〆切:2/19 → 口座を開設する

個人投資家cis(しす)は小学生の時から『仮想通貨』を発行していた….。

本記事は、資産230億円ある個人投資家cisさんの初の著書『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』を読んでの感想・一部ネタバレが含まれています。

パチンコ・競馬・麻雀・ポーカー・ブラックジャック・株・FX・仮想通貨…一般的にはクズ扱い笑?されるような、たいていのギャンブルに手を出してきたcisさん。

なぜ、こんなどこにでもいそうな普通のおじさんが資産230億円もの大金を稼ぐことが出来たのか?

これまで謎に包まれていたcisさんの人物像・投資哲学が、本書で明らかになっています。

波乱万丈なcisさんの人生を見ていきましょう。

個人投資家cisの人物像

  • 1979年3月生まれ(40歳)
  • 妻子持ち(お子さんは3人)
  • アプリに9,000万円課金するほどのゲーマー&根っからのギャンブラー
  • 法政大学卒業後、親族が経営する企業に就職
  • 2002年にデイトレード開始(兼業トレーダー)
  • 2004年に資産約6,000万円で退職(専業トレーダーへ転身)
  • 2005年に資産約30億円達成。トッププレーヤーの仲間入りを果たす

上の画像はcisさんのTwitterアイコンを拝借したものです。現時点(2/12)でフォロワー数は約30万人います。@cissan_9984

cisさんがツイッターでつぶやけば、価格を動かしてしまう?ほどの影響力を持つ天才トレーダー。同じく資産200億円を持つ伝説のトレーダーのBNFさんにトレードを教えたとも言われる、日本人トレーダー界のキングです。

キングたる所以?まずはこちらのツイートをご覧ください。

はい、一撃19億円ですww

信じられない世界ですが、これが現実です。

もちろんマイナスの金額も桁外れ…

7億円のマイナスとか身が持たんわ笑

ただ最初からこんな大金を動かしていたわけではなく、兼業トレーダー時代は給料の25万円のうち生活費の5万円を除く20万円をすべて投資に回すなど下積み時代も経験。

成り上がりで資産230億円を築いたとか夢がありますね。

小学生の時から『仮想通貨』を発行して稼いでいた

すべては駄菓子屋のくじ引きから始まった…。

cisさんを語る上で重要なのは『期待値のあるものしかやらない』ということです。偶然性の高いゲームには興味がなく、同じギャンブルでも宝くじやスクラッチのような完全運ゲーはやらない。

そして、世の中には期待値が高い法則や攻略法があると知ったのが小学生の時。

なんちゅー小学生やww

駄菓子屋でのくじ引きの攻略法を発見してからは、友達に売ったりして1日50円〜100円の期待値の遊びをしていたとのこと。

稼げるだけでなく、当たりがわかるということで友達の間では『神』扱いされていたそうですw

流通させすぎると、その価値が下がってしまうことを知る

駄菓子屋などで売っているおもちゃの紙幣の裏に自分の名前を書いて、それを友達の間で流通させていた..。これが仮想通貨発行の始まり。

cisコインの入手方法と使いみちはこんな感じ。(厳密にはコインではなく紙幣ですがw)

  • 入手方法:駄菓子や文房具と交換
  • 使いみち:cis宅でテレビゲームができたり、cisさん考案のゲームに参加可能

たとえば、ファミコンのゲームで人気キャラとそうでないキャラをオッズをつけてプレイして競う。キャラ選びのさいにサイコロをふったりする。あとは難しいわざで倒すとそこに賞金がのっていたり。

cisさんはこのようにして、小学生ながらも仮想通貨発行し駄菓子や文房具をもらっていたという。

ただ1年以上経ったあるとき、紙幣の流通量が増えてしまい、そこからインフレが止まらなくなり1ヶ月くらいで機能しなくなったとのこと。

これ小学生がやることなのか笑

中3でパチンコを始めて、高校で元締めに

パチンコを始めたのは中3の頃、当時はゆるくて親に連れていってもらうことができていたらしい。

当時はモーニングというサービスがあって朝イチから「綱取物語」という台を2時間〜3時間打ち、1日あたり平均で7,000円くらいの期待値で戦うことができていた。

台選びも含めてパチンコ屋めぐりをして、研究を続け日当の期待値を上げていったとのこと。

友達に台打ちを任せていた

高校生(16)の時には、いい台を見つけたら友達を呼んでその台を任せるようになっていた。

確率、回転数から期待日当3万円を目標に、日当1万円を友達に支払い台打ちをさせていた。

その方法で高校生で貯金200万円貯まって、大学でも続けて20歳の時点で貯金が2,000万円になっていたとのこと。

パチプロとしても生きていけそうなレベルですね笑

パチンコの次は競馬

大学の卒業が近づいた頃、パチンコで稼ぐには限界を感じていた。

その大きな理由の1つに『人の管理』が難しかった語られています。

出玉をちょろまかしたり、ノウハウを盗まれて独立されたり…。その経験で学んだのは、

  • お金が絡むと、人は自分が得する方向に動く
  • バカ正直に続けてくれる人は少ない

ということ。

さらに、単純に音がうるさくて空気が悪い、真剣に向き合って日当期待値が2万円あるかどうか。

それでいて労働時間が13時間以上。

そういうこともあって、元締めをずっとやっていこうとは思えなかったとのこと。

就職しないで生きていく方法を探した結果が競馬だった

日当期待値が2万円あるかどうか。毎日通って月60万円。

大きく稼ぐことができないパチンコより、大きく張ることで多く稼ぐことができるという理由で競馬を本格的にやり始めた。

レースを見て馬の実力係数を考えるような研究もやったけど、結論からいえばまるでダメ。

研究することで実力が上がっていた手応えはあり、研究の精度を上げていけば損益分岐点を突破できるんじゃないかとも思っていたそうです。

ただ、そうしているうちに1,000万円負けてしまい、あきらめてその後、投資で勝負することとなります。

株をスタートしたのは22歳

株を始めてから最初はずっと負け続けた。

パチンコでつくった2,000万円を競馬で1,000万円溶かし、預金が1,000万円の時にスタート。

口座に入れたお金は300万円。

持ち金の残り700万円や月々の給料も追加したのに、一番減らした時で口座に104万円しかなかったそうです。

この当時は兼業トレーダーとして株を始めています。

2ちゃんねるのオフ会が転機となる

2ちゃんねるのオフ会で、実際に億単位で稼いでいる人たちがやっている方法を知る。

その方法とは『今ある優位性に張る』ということ。

割安とか割高とか、将来この会社は業績が伸びるはずだとか、そういった要素は自分が勝手に思い込んでるに過ぎない。

勝っている人ほど、短期の値動き、かつチャートや指数組み入れなどの理由がある株を買っていた。と語っています。

この2ちゃんねるのオフ会を機に、長期トレードをやめて、値動きだけを見る短期トレードに変えた結果、連戦連勝となり、今の資産を築けるほどのトレーダーになったようです。

サラリーマンとの兼業は難しい

総資産が1,800万円になった頃。

中国出張に行くことがあり、中国では当時の日本のガラケーでは電波が入らず、持っているポジションを決済することができなかった。

結果的には、日本に帰ってきた時、持っていたポジションはプラスになっていたみたいですが、この時、サラリーマンとの兼業に不便さを感じたようです。

他にも不便さを感じていて、仕事中に携帯を操作することができない為、帰りの電車で「おぎゃあ!」みたいなことも増えていった。

資産増加と共に、損失金額も増えていった..。

総資産6,000万円で会社を辞め、専業トレーダーに

周りのトレーダーと比べると、専業になるタイミングはかなり守備寄り。

トレーダーで成功している人は、資産500万円〜1,000万円で仕事をやめる人が多かったようです。

専業トレーダーになってからはお金は増え続け、半年で2億円、翌年には30億円弱の資産を築いています。

専業トレーダーになって2年目には、こんなエピソードがあります。

ゴールデンウィークに妻と一緒に旅行したことがあったけれど、ゴールデンウィークの途中に平日が2日あって、その日にわざわざ相場をやるために東京に戻ってきていた。乗り物酔いするからなるべく飛行機なんて乗りたくないのに、1日だけ相場をやるために九州から東京に戻って、すぐにまた九州に戻る。そのあいだ妻には一人で観光してもらっていた

この時の感覚を、目の前にいるマンモスを逃したくない、目の前に落ちている宝箱を開けたい。みたいな感じと語っています。

cisさんの奥さんはどうだったかわかりませんが、これだけ稼いでくれていれば、一人で観光くらいわたしは全然許しちゃいますね笑

仮想通貨取引で勝つには

株や為替や先物と変わらない。というか値段がついて売買されているものは、すべて同じ。

  • つまり、上がっているときに買って、下がってきたら売る
  • 下がっているときには買わない

cisさんがビットコインに最初に興味を持ったのは、マウント・ゴックス事件のとき。

本質的な価値は変わらないのに、空気だけでガクッと動いている。はっきりこう言えるようなときはチャンスになる。と語っています。

cisさんが仮想通貨で稼いだ金額はおよそ1億5000万円ほど。執筆現在、cisさんが仮想通貨市場に戻ってきている様子はありません。

上がり続ける株は上がり、下がり続ける株は下がる

投資家や投資を始める人に『なにかアドバイスください』と言われたとき、『上がり続ける株は上がり、下がり続ける株は下がる』と言うことが多いとのこと。

cisさんは基本『順張り』

現在買われていることで上がっている、売られていることで下がっているというのは明確な事実としてそこにある。

であればマーケットに潮目に沿って行動するのがいちばん勝つ可能性が高い。という理由だからそうです。

  • 押し目買いは避ける
  • 重要なのは勝率ではなくトータル損益
  • ナンピンは最悪
  • ヘッジは無駄
  • 配当狙いは儲からない

本書『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』では、実際に230億円稼いでいるcisさんの投資哲学について、学ぶことがたくさんあります。

読んだからと言って、相場で勝てるよになるというようなものではありませんが、成功者の考え方・投資方法を学ぶ上では非常に為になる本だと思います。

現在、投資で失敗している方・これから投資を始めたい方には、ぜひおすすめです。

1冊1,500円の投資は決して高くないと思います。

以上、資産230億円ある個人投資家cisさんの初の著書『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』を読んでの感想・解説でした。

ABOUT ME
こより
こより
投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 ➡こよりのプロフィールと当ブログ
🔰仮想通貨を始める
  1. 少額資金(1,000円程度)から購入可能
  2. 取引所の口座開設→日本円を入金→ビットコインを買う
  3. 口座開設は手数料無料のビットポイントがおすすめ
  4. 口座開設でビットコインがもらえる!
👑キャンペーン中の取引所まとめ