ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ価格上昇の原因・兆しとは?資金洗浄の新しい手口など

こんにちは、こよりです(๑
本日の仮想通貨ニュースはこちら。

資金洗浄の新しい手口

Appleの音楽配信サービス「iTunes」内で自作の楽曲をリリースし、自分でそれを購入してその売上をAppleから受け取る手口が横行しているようですΣ ゚Д゚≡( /)/エェッ!

ビットコインキャッシュ決済の導入発表

ワイン通販サイト“カーヴ the Select”にて 「ビットコインキャッシュ」決済を開始。
現金価格より10%割引キャンペーンも開催している模様。

カーヴ the Selectとは

「カーヴ the Select」は、日本最大級のワインメディア「カーヴ」が運営するワイン通販サービスです。

ビットコインキャッシュ(BCH)決済導入の背景

決済最適化のために暗号通貨を検討した結果、最も性能に優れて将来性のある通貨が「ビットコインキャッシュ」であるとの判断に至り、決済手段として採用したとのこと。

ロジャー・バー氏が語るBCHの将来性

※上記記事を開くと動画が流れます。
動画では「ビットコインキャッシュ」は使い勝手がよく、将来性があると語っています。今後世界中の企業がその良さに気づき、急速にビットコインキャッシュが採用されていくだろうと予想しています!
ビットコインの使い勝手の悪さを知らず、価格だけが高騰している点について「ただ価格上昇につられて購入しているだけに思える」と発言しています。
もしビットコインの使い勝手の悪さが広まれば、一気に下落すると考える一方、まだこの先2万ドル、3万ドルと価格は上昇する可能性はあるとしています。

ビットコインキャッシュ価格上昇の兆し

ビットコインキャッシュ高騰

Grayscale Investmentsとは

2013年に設立されたニューヨークにあるビットコイン投資ファンドです。

Grayscale – Bitcoin & Ethereum Classic Investment Trust

大量のビットコインキャッシュの売却

Grayscale InvestmentsはBCHハードフォーク時に投資者たちから預かっていた保有するBTCに対して付与されたビットコインキャッシュ(172501BCH)を持っていたままになっていました。
もし売却が実行されず、1つのファンドに管理されているコインが多いことがわかっている状態が続くと、Grayscale Investmentsは市場を暴落させることもできるという懸念から、ビットコインキャッシュの価格高騰にはなかなか繋がりにくい状態が続いていました。
でも、今回Grayscale Investmentsは全てのトークン(172501BCH)が投資者のために換金されたとのこと。
これをきっかけに今後ビットコインキャッシュの価格高騰が期待されています(*≧▽≦)ノシ))
ABOUT ME
こより
こより
「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営している「こより」です。主に初心者さん向けブログとなっています(๑•◡
おさえておきたい

リップル・ビットコインキャッシュを安く購入したいならビットバンク

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで
取引手数料無料キャンペーン延長中!!
期間 2017年10月16日10:00〜2018年9月30日00:00

 
詳細ページ公式ページ

ネム・モナコイン・イーサリアムを安く購入したいならZaif(ザイフ)

ザイフではネム・モナコイン・イーサリアムを無駄な手数料を払わず日本円で購入する事が出来ます♪

 
詳細ページ公式ページ

アルトコインFXするならDMM Bitcoin

国内唯一アルトコインFXに特化した取引所。

 
詳細ページ公式ページ