ビットコイン

ビットコイン急騰理由は18億人規模の市場参入!?仮想通貨ニュースまとめ

ビットコイン急騰理由は18億人規模の市場参入

仮想通貨ブロガーこより(@vc_koyori)がお届けする4月12日の仮想通貨ニュース(๑•◡

【Goodニュース(3件)】

・BTC急騰はイスラム法のビットコイン容認か!?

・最後の売り圧力!

・ビットバンクiPhoneアプリをリリース!

Goodニュース

イスラム圏参入で18億人が仮想通貨市場へ!!

ビットコイン(BTC)がわずか30分で10万円以上値上がりし、一時85万円突破!!1時間足の出来高をみると、去年のどんな1時間足よりも多い出来高となり、歴史的な日になりました(((=ω=)))ブルブル

要因はイスラム法でビットコインが認められるというレポートが引き金になったみたいです!

もしビットコインがイスラムのコミュニティに認められれば、サウジアラビアやカタール、アブダビのソブリンファンド他、18億人もの人が仮想通貨市場に参入することができ、近いうち、さらなる価格の上昇が期待ができそうです!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

12日が最後の売り圧力!? 

アメリカの確定申告(4月17日)による売り圧力開放が実質12日だったということで、ビットコイン価格が上昇したとみられています!

なぜアメリカの確定申告が売り圧力になっていたかというと、理由は単純で納税のためのBTC売りです。

この「売り」はトム・リー氏によれば200億ドルあったと考えられていますΣ(°□°)⊃——マジッ この売り圧力が開放されたことによる価格上昇とみられています!

トム・リー氏とは

トム・リー氏は現在、ニューヨーク拠点の調査会社ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズという会社の代表ですが、もともとソロモン・ブラザーズでジャック・グラブマンという全米No.1の通信アナリストの下働きからウォール街でのキャリアを始め、JPモルガンのストラテジストとして頂点にまで上り詰めた人。

なお、米CNBCによれば、リー氏は「ビットコインについて価格目標を公表する唯一の主要なウォール街のストラテジスト」だと紹介されています。

ビットバンクが遂にiPhoneアプリをリリース

XRP(リップル)が安く購入できる取引所として有名なビットバンクが、待望のiPhoneアプリをリリースしました(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

f:id:virtualcurrency:20180413020333j:plain

「bitbank ビットコイン&リップル ウォレット」をApp Storeで

ビットバンク・取扱銘柄(6種)

  • ・ビットコイン(BTC)
  • ・ビットコインキャッシュ(BCH) 
  • ・イーサリアム(ETH)
  • ・ライトコイン(LTC) 
  • ・リップル(XRP)
  • ・モナコイン(MONA)
ビットバンク全取引ペア手数料0円キャンペーン

bitbank(ビットバンク)は2018年6月30日まで全取引ペア手数料0円キャンペーンを行なっています(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

リップル(XRP)が安く購入できる国内唯一の取引所です!ぜひこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

ビットバンク公式サイト

国内主要取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)➢

日本最大級のビットコイン取引所。セキュリティ評価でも世界トップクラスの評価を獲得。

Zaif(ザイフ)➢

人気のアルトコイン・NEM(ネム)やモナコイン(MONA)を買うならZaifがおすすめです。毎月少額から始められるZaif積立投資も人気の取引所

Coincheck(コインチェック)➢

スマホからの売買もカンタンで使いやすさNo1。はじめての仮想通貨はCoincheckがおすすめです。

GMOコイン➢

仮想通貨FX取引用のツールとしてスマートフォンアプリ『ビットレ君』を提供。iOS版『ビットレ君』をApp Storeにて公開

DMM Bitcoin➢

アルトコインFXをするならDMM Bitcoin。利便性の高いPC版及びスマホアプリでの取引ツールのご提供。