気になるニュース

【WBTCとは】初のビットコイン連動ステーブルコイン!2019年1月発行へ

ステーブルコイン「WBTC (Wrapped Bitcoin)」 が、ビットコインにペッグ(裏付け)されたERC20トークンとして、2019年1月にイーサリアム上で発行されることが仮想通貨ウォレットを提供するBitGo(ビットゴー)の発表で明らかになりました。

こより
こより
要するに、ビットコインをイーサリアムのブロックチェーンに取り込むプロジェクトだということです。

これにより、イーサリアム上でビットコインのトレードが可能となり注目を集めています。 

他にも、新たなアプリケーション(dApps等)を強化するイーサリアム上のエコシステムを繋ぐ橋になる役割をもっています。

WBTCの誕生理由

WBTCを採用する予定のKyber NetworkのCEOは、WBTCの誕生理由を以下のように述べています。

「分散型エコシステム全体で流動性を促進すること に尽カしてるが、今日の分散型流動性に対して 「我々が戦い続けている現実は、 「イーサリアム外のトークンは分散型取引所や 「アプリケーションで活用できなかったことであり、「もっとも顕著な例がビットコインでした。」

こより
こより
つまり、分散型取引所の現状は流動性が低いので、流動性を確保するためにWBTCを発行するというもの。

分散型取引所では、ごく一般的な取引所(例:ビットバンク)のように有名通貨であるビットコインなど、イーサリアム外のトークンを扱うことが出来ず、どうしても流動性が低くなってしまうという課題があります。

そこで、WBTCというビットコインにペッグ(裏付け)されたERC20トークンを発行することで、ビットコインの流動性確保とイーサリアムのスマートコントラクトエコシステムを結びつけることが目的となっています。

WBTC発行には賛否両論ある

賛成意見

  • 流動性が増して価格の上昇が期待される

こより
こより
イーサリアム上でビットコインがトレードできるようになれば流動性も上がるし、それに伴い市場全体も活性化するからいいよね〜ってこと。

反対意見

  • 流動性確保のためにビットコインを使うのは本来の目的じゃない

こより
こより
本来、ビットコインは中央集権じゃない(トラストレス)というところが前提なのに、管理するプロジェクトがいくつも出てくるというのはちょっと違うよね〜ってこと。

WBTCとは?のまとめ

2019年1月下旬には、カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)、グノーシス(Gnosis/GNO)、メーカーダオ(MakerDAO)など13のプロジェクトが、「WBTC」を採用予定です。

「WBTC」は主要な仮想通貨であるビットコインに安定性や価値をもたらすと言われています。

さらに、イーサリアムブロックチェーン上のビジネスに仮想通貨を適用できるとあって汎用性が高いというところも期待されています。

ただ問題は、たとえイーサリアム上でビットコインがトレード出来たとしても、スケーリングの問題が解決しない限り、いくらイーサリアムエコシステムを整えてもそれを処理できる環境が整っていなければ、最大限に活かすことはできないという点も挙げられます。

まだまだ課題はありそうですが、短期的な価格上昇材料とはなりそうです。

ABOUT ME
こより
こより
投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 ➡こよりのプロフィールと当ブログ
🔰仮想通貨を始める
  1. 少額資金(1,000円程度)から購入可能
  2. 取引所の口座開設→日本円を入金→ビットコインを買う
  3. 口座開設はハッキングなしの安心取引所ビットバンクがおすすめ
👑キャンペーン中の取引所まとめ