取引まで最短1日【GMOコイン】
気になるニュース

ビットコインキャッシュ・ロードマップ公開、BCHは正式な「ビットコイン」になると発表!2018年5月までに・・


▼口座開設数急上昇!!リップルの購入はビットバンク!開設方法

こんにちは、仮想通貨ブロガーこよりです(๑

ビットコインキャッシュ(BCH)が2018年開発ロードマップを公開!
今回BCHが中期ロードマップを公開し、今後6ヶ月〜12ヶ月の開発内容を発表。詳しく解説していきます。
ロードマップは2017年11月末に発表されています。

ビットコインキャッシュ・ロードマップ公開(2018年)

ビットコインキャッシュ・ロードマップ公開(2018年)

簡単に説明すると、

  1. ハードフォーク数回実行
  2. ブロックサイズ上限引き上げと同時に、最適なブロックサイズ制限を模索
  3. 難易度調整アルゴリズム(DAA)の改良

ビットコインキャッシュは誕生してまだ半年くらいですが、ビットコイン・ゴールドやビットコインダイヤモンドなどのフォークコインとは異なり、難易度調整やブロックサイズの最適化など積極的に開発チームが動いており、今後の価格にも期待が持てると言えます。

ビットコインキャッシュの今後の予定

1.Median Time Pastがタイムスタンプ1526400000(2018年5月15日)に達した時、プロトコルのアップグレードをスケジュールを立て、Median Time Pastが1542300000(2018年11月15日)に達した6ヶ月後にアップグレードします。

2.アップグレードの3か月前(2018年2月15日)までに、アップグレードに含まれるコードと機能を確定します。

3.次回のアップグレードで暫定的に計画されている機能の一部は次のとおりです。

デフォルトのブロックサイズ制限を増やし、適応ブロックサイズ制限に向かう
正式な取引注文に向かって移動します。

おそらく最初のステップとして取引注文のコンセンサスルールを削除します。
改良された難易度調整アルゴリズムに関して、一部の非アクティブ化されたオペコードを再アクティブ化し、プロトコル拡張ポイントの追加に移行して、将来のオペコードのアップグレード容易にする。

上記の機能の詳細は、今後の議論、実装、およびテストに依存します。

参考:ビットコインキャッシュ(BCH)/ 2018年開発ロードマップを公開 | 仮想通貨最新ニュースならCoinOnline(コインオンライン)

ビットコインキャッシュが正式な「ビットコイン」になる

ビットコインクラシックの開発者グループは、公式サイトにおいて、ビットコインキャッシュが2018年5月までに正式な「ビットコイン」になるとした上で、ビットコインクラシックの開発を停止すると発表しています。

以下のような声明を発表しています。

従来のビットコイン・コアチェーンのブロックサイズが1MBに固定されどうにもならないことが、ビットコインキャッシュに優位性を与えている。あとは市場がきめるだろう。

どのチェーンが一番支持を集めるかは皆にかかっている。ビットコインキャッシュを使い始める次の10億人にかかっている。最長で6か月以内に、ビットコインキャッシュの名前から「キャッシュ」という部分をなくし、「ビットコイン」と呼ぶことになるだろう。https://jp.cointelegraph.com

要するに、ビットコインクラシックの役割はすでに終わったとしており、あとはビットコインキャッシュが普及するのを待つのみという事になります。

以前(2017年10月)にはBitcoin.comのCEOで「ビットコイン界のイエス・キリスト」と呼ばれるロジャー・バー氏が「ビットコインキャッシュがビットコインを超えるのは時間の問題」と公言しています。

「時間の問題」というのは技術とか云々ではなく、単にビットコインキャシュがいかに「普及」するかってことを意味していたんだと思います。

わたしたちが出来ることと言えば、「ビットコインキャッシュを使う(流通させる)」ことに限ります!

ビットコインキャッシュが使える場所・方法など〜普及に向けて〜

ビットコインキャッシュ(BCH)が使えるお店・サービスを登録/検索できる「The Accept Bitcoin Cash Initiative」

The Accept Bitcoin Cash Initiative

Accept Bitcoin Cash(BCH)  >

ビットコインキャッシュ(BCH)チップbot

芸人たむけんオーナー・炭火焼肉たむら 蒲生本店


実は芸人・たむらけんじさんがオーナーを務める「炭火焼肉たむら 蒲生本店」でビットコインキャッシュが利用(決済)できます! 開始したのは2017年12月24日〜。

この時点で、ビットコイン決済ではなく、ビットコインキャッシュ決済を導入したのはさすがだなって思いました(笑)

国内だけでも、ほか多数店舗あり

海外となると規模が違います

2018年はビットコインキャッシュの年になる と言われているので「開発の進展」「価格の上昇」「普及拡大」が楽しみです(๑•̀д•́๑)キリ

ABOUT ME
こより
こより
一般企業に務める20代・投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 こよりのプロフィールと当ブログについて➡
取引開始まで最短1日『GMOコイン』
スマホからでも登録OK

アカウント登録3分・最短1日で仮想通貨取引が可能な『GMOコイン』GMOコインは上場企業であり金融商品取引法に準じて営業しているGMO証券が運用しているの為、信用のおける企業です。外出先でも仮想通貨取引がしたいという方は、専用アプリのあるGMOコインがおすすめです。

ビットコインFX(レバレッジ取引)ならBitMEX

レバレッジ100倍・追証なし

スマホからでも簡単登録!3分で登録完了。プロトレーダー御用達のBitMEX。最大100倍のレバレッジ!追証がない(=借金にならない)ので安心。ビットコイン・アルトコインFXするならBitMEX。取引手数料10%割引はこちらから▼

XRP・BCH対応のハードウォレット

オフラインで資産管理

国内大手取引所のコインチェック・Zaifがハッキング被害に・・・そろそろ取引所に仮想通貨を預けるのやめませんか?仮想通貨をネットを切り離した環境で安全に保管。日本語対応。

使い方徹底解説
 

無駄な手数料を払わず、安く購入できる取引所を選んで賢く立ち回りましょう!