バイナンス

バイナンス神対応!不正取引による一連の対応まとめと今後の対策とは?

こんにちは、こより(@vc_koyori)です(๑•◡

7月4日、大手仮想通貨取引所バイナンスが緊急メンテナンスを実施しました。

ハッキングかと思われましたが、原因は仮想通貨SYSCOIN/BTC(SYS/シスコイン)による不正取引が行われていたことがわかりました。

バイナンスで起こった、不正取引についての一連の流れと取引所による報告と今後の対応をみていきましょう!

バイナンスで緊急メンテナンス実施

バイナンス取引所で仮想通貨SYSCOIN/BTC(SYS/シスコイン)による不正取引が発覚し、ユーザー保護の為、一時「取引・出金」が停止しました。※これがハッキングではないか?と噂される原因となったことは間違いないですね・・。

バイナンスCEO、CZ氏が「資産は安全」と即公式にツイート


この対応の早さはさすがの一言に尽きます!

不正取引があったとされる、仮想通貨「SYS」のチャート動画


SYSCOIN/BTC(SYS/シスコイン)の価格は一時的に約7062万円に相当する96BTCにまで高騰しています(笑)

不正取引についての一連の流れと今後の対応

  1. 2018年7月4日午前5時18分、APIユーザーの不正な取引を確認
  2. APIユーザーの保護のため、既存のAPIキーを全て削除
  3. 不正取引のロールバック実施
  4. 不正取引によるSYS高騰の影響を受けたユーザーのため「7/5~7/14」手数料無料
  5. その他すべてのユーザーには、上記期間中、手数料の70%の払い戻し実施
  6. 新しく基金(SAFU)を設け、顧客資産保護に充てる

SYS高騰で影響を受けたユーザーのみならず、すべてのユーザーに対して措置を取っているところが素晴らしいですよね。

日本の取引所も見習って欲しいところです!

あと、もうひとつ注目してほしいのが、⑥の「新しく基金(SAFU)を設け、顧客とその資産保護に充てる」というところ!

これは、取引手数料の10%をSAFUとしてcold walletに保し、今回のようなケースが発生した場合に、今後ユーザーの資金保護に使用されるというものです。

今回の仮想通貨SYS不正取引に対しての対応だけではなく、今後の対策までこの短時間で決めれる決断力と行動力は並大抵じゃないことがわかります。

さすが、世界No.1取引所に君臨していただけのことはありますね!信頼される理由もよくわかります。

ツイッター民からは称賛の嵐

こより
こより
最後にわたしからも一言、「神対応は信頼できる証、今後も引き続き、バイナンスの活躍に期待です!」

犯人逮捕には懸賞金11億円を用意

バイナンスは今回の事件の犯人を逮捕するために、1000万ドル(11億円)に相当する仮想通貨を懸賞金として用意している模様です。

犯人逮捕に繋がる情報を最初に提供した人には25万ドル(2766万円)相当の仮想通貨が支払われるとのこと。

バイナンスの取引所トークンである「バイナンスコイン」で支払われる予定とのこと。

ハッキング騒動などにも迅速に対応している、絶大な信頼のおけるバイナンス取引所の登録方法も合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
【世界最大級】Binance(バイナンス)の登録方法。メアドのみでOK! 口座開設の流れ 所要時間(目安) アカウント登録のみ 3分 こんにちは、こより(@vc_koyo...
ABOUT ME
こより
こより
「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営している「こより」です。主に初心者さん向けブログとなっています(๑•◡
取引所は目的別で運用しよう!

リップル・ビットコインキャッシュを安く購入したいならビットバンク

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで
取引手数料無料キャンペーン延長中!!
期間 2017年10月16日10:00〜2018年9月30日00:00

 
詳細ページ公式ページ

ネム・モナコイン・イーサリアムを安く購入したいならZaif(ザイフ)

ザイフではネム・モナコイン・イーサリアムを無駄な手数料を払わず日本円で購入する事が出来ます♪

 
詳細ページ公式ページ

アルトコインFXするならDMM Bitcoin

国内唯一アルトコインFXに特化した取引所。

 
詳細ページ公式ページ