気になるニュース

バイナンス、シンガポールで「法定通貨対応」の仮想通貨取引所を設立

  • シンガポールで法定通貨対応の「Binance Singapore」設立
  • BTC/SGD(シンガポールドル)通貨ペア提供

大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が、シンガポールで「Binance Singapore」を立ち上げを開始しました。

現在のところ、同取引所ではシンガポールドル(SGD)とビットコイン(Bitcoin/BTC)の通貨ペアのみが提供されています。

Binance Singapore(バイナンス・シンガポール)公開

BINANCE(バイナンス)がシンガポールで新しく立ち上げた仮想通貨取引プラットフォーム「Binance Singapore(バイナンス・シンガポール)」は、法定通貨「シンガポールドル(SGD)」と交換することができる仮想通貨取引所です。

同社は、現地の決済プロバイダーである「Xfers」との提携を通じてシンガポールドル(SGD)を導入しており、現在交換可能な仮想通貨はビットコイン(BTC)のみとなっています。

同社にとって、三番目となる法定通貨建ての仮想通貨取引所となります。

「法定通貨対応の仮想通貨取引所」今後も拡大予定

現在までにBINANCE(バイナンス)は、以下の3つの法定通貨建ての仮想通貨取引所を立ち上げています。

  1. アフリカ「Binance Uganda(バイナンス・ウガンダ)
  2. 英国領「Binance Jersey(バイナンス・ジャージー)」
  3. アジア圏「Binance Singapore(バイナンス・シンガポール)」New!

バイナンスのCEOであるCZ氏は以前から、「2019年9月ごろまでに5~10の法定通貨建て仮想通貨取引所を開設し、大陸ごとに約2つの取引所を設置したい。」と発言するなど、仮想通貨業界の拡大、普及に向け、複数取引所の開設を目標に掲げています。

同氏は米国進出の可能性も示唆していますが、日本や香港より基準が高い米政府の審査を通る必要となります。

ただ、米国での仮想通貨事業が認可されれば、より一層バイナンスへの評価は高いものとなるでしょう。

バイナンスが米国においてどのようなサービスを提供するのかに注目です。

その他の設立場所としては「アルゼンチン/トルコ/リヒテンシュタイン/ロシア/韓国」などが検討されているとも報じられています。

最近では、独自のブロックチェーンである「Binanace Chain(バイナンス・チェーン)」や、分散型取引所「Bianace DEX」なども立ち上げ、取引所独自のBNBトークンが過去最高値を更新するなど、話題に事欠かないバイナンス。

今後の発展・拡大にさらなる期待が持てます。

  • BNBトークンを購入するならBINANCE(バイナンス)
バイナンスの(Binance)の登録方法。メアドのみでOK! 口座開設の流れ 所要時間(目安) アカウント登録のみ 3分 Binance(バイナンス)は201...
ABOUT ME
こより
こより
投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 ➡こよりのプロフィールと当ブログ
🔰仮想通貨を始める
  1. 少額資金(1,000円程度)から購入可能
  2. 取引所の口座開設→日本円を入金→ビットコインを買う
  3. 口座開設はハッキングなしの安心取引所ビットバンクがおすすめ
👑キャンペーン中の取引所まとめ