気になるニュース

【BINANCE】アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

  • OTC(相対取引)の新サービス「ブロック取引(Block Trading)」の提供を開始
  • 150種類以上のアルトコイン」にも対応

大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、同社が提供する「OTC(相対取引)」の新サービス「ブロック取引(Block Trading)」の提供を開始したと発表しました。

ブロック取引(Block Trading)では、大量の仮想通貨を高速かつ安心して取引することが可能となります。

10BTCを超える大規模なブロックサイズの取引

BINANCE(バイナンス)が新しく発表した「ブロック取引(Block Trading)」は、10BTCを超える大口の取引を迅速かつ安全な方法で取引できるものとなっています。

大量の仮想通貨を取引する場合は、市場価格に悪影響を与えてしまう可能性がありますが、ブロック取引を利用することによって投資家はスリッページ(*1)を防ぎ、自分が希望する価格で仮想通貨を取引することができると説明されています。

(*1)スリッページとは

注文したレートと違うレートで約定してしまう現象のこと。

ブロック取引は、バイナンスで「レベル2以上(*2)」に認定されたアカウント向けに提供されており、一度バイナンスチームに連絡を行なった後に「Telegram(テレグラム)」や「Whatsapp(ワッツアップ)」などのメッセージアプリを介して利用できるようになっています。

  • 連絡先 → tradedesk1@binance.com

取引する価格はこれらのアプリを通じ、取引相手とチャットでやり取りすることによって決定されるようです。

バイナンスでLV.2に上げるためには、あなたの「個人情報」をバイナンスに提出する必要があります。必要なものは次のとおりです。

(*2)LV.2に上げるための提出情報

<個人情報>
 ✅ 住所
 ✅ 氏名
 ✅ 生年月日

<本人確認提出物> 下記のいずれか一つ
 ✅ 免許証
 ✅ パスポート
 ✅ 身分証(マイナンバーカードなど)

バイナンス「ブロック取引」のメリット

バイナンスは「ブロック取引」を利用する利点として、以下の6つが挙げられます。

  • ユーザーに最適化されたサービス
  • 取引可能なコイン/ペア数が豊富
  • 迅速な価格設定
  • 高速決済
  • 簡単な取引プロセス
  • 取引相手のリスク削減

ブロック取引は、バイナンスで取り扱われている「150種類以上のアルトコイン」にも対応しており、比較的流動性が低い仮想通貨でも理想的な価格で取引することが可能になっています。

決済は全てバイナンスアカウントで直接行われるため、通常であれば数分以内に取引を完了することができるようです。

→「BINANCE」の公式発表はこちらで確認できます。

こより
こより
大口取引による、流動性増加に期待!
ABOUT ME
こより
こより
投資家兼ブロガーです。 2017年5月に仮想通貨に出会い、同年10月末にブログを立ち上げました。 「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営しています! Twitterでは毎日情報発信しています!是非フォローして下さいね。 ➡こよりのプロフィールと当ブログ
🔰仮想通貨を始める
  1. 少額資金(1,000円程度)から購入可能
  2. 取引所の口座開設→日本円を入金→ビットコインを買う
  3. 口座開設はハッキングなしの安心取引所ビットバンクがおすすめ

👑キャンペーン中の取引所まとめ