初心者向け

【仮想通貨・ビットコインとは】電子マネーとの違いってなに?

こんにちは、こよりです(๑

仮想通貨ってなに?仮想通貨を買うってどういうこと?電子マネーと何が違うの?という方に簡単に解説していきます。

仮想通貨・ビットコインとは

仮想通貨とは、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
※ただ「法定通貨」ではありませんが「通貨」としては認めらています。

銀行を介すことなく、世界中の国・地域及び、個人間で送金・受取ができます。

ビットコインは何百とある仮想通貨の1つです。

電子マネーとの違い

主な違いとして挙げられるのは5つ。

1.通貨で「ある/ない」
2.管理者が「いない/いる」
3.個人間送金が「できる/できない」
4.使用範囲が「世界中/国内」
5.価格が「変動する/固定」

1.仮想通貨は通貨、電子マネーは通貨ではない

仮想通貨は、日本円やドル、ユーロなどと同じように通貨ですが、電子マネーは現金を電子化して決済ができるシステムです。

2.仮想通貨は管理者がいない、電子マネーには管理者がいる

仮想通貨には管理者がいません。電子マネーには日本円を使用している為、日本銀行という管理者がいます。

もう少し細かく分けると、電子マネー(楽天Edy、Suica、iD、nanaco、WAON、QUICPay、au WALLET)には発行している企業が存在します。

仮想通貨は発行している企業が存在しない為、企業の倒産というリスクがありません。

3・4.仮想通貨は個人間送金が可、電子マネーは不可

仮想通貨は、世界中の国・地域及び、個人間で送金・受取ができますが、電子マネーではできません。

5.仮想通貨は価格変動する、電子マネーはしない

電子マネーの1円という価格は、1円のままです。

一方、仮想通貨の価格は常に変動します。

変動する理由は、需要と供給の関係。
仮想通貨をほしい人がたくさんいればいるほど、価格は高騰しますし、ほしい人がいなければ、それだけ価値は下がります。

他にも仮想通貨には、埋蔵量に限りがある「金・ゴールド」のように発行上限があり、「金・ゴールド」の価格が変動するように、仮想通貨も価格が変動します。

仮想通貨を買うとは

電子マネーではチャージという形で「1円を1円」で買ってカードなどに保有しますが、仮想通貨は「1円を◯仮想通貨単位」で買って、取引所なり、ウォレットで保有します。

電子マネーのチャージ(購入)ができる場所が決まっているように、仮想通貨にも購入するが決まっています。

それが「取引所」です。

仮想通貨・ビットコインの買い方

仮想通貨は、取引所に口座を開設し、取引所に日本円を送って仮想通貨を購入することができます。

取引所の口座開設は簡単で【メールアドレスと身分証明書】さえあれば、インターネット上で手続きが完了します。

仮想通貨・ビットコインの利用シーンはさまざま

■ネットショッピング
■世界中の店舗でのお買い物
■飲み会の割り勘
■ポイントとの交換
■クラウドファンディング
■日本円での仮想通貨の売買

まとめ

これで少しは仮想通貨・ビットコインのイメージが変わりましたでしょうか?

仮想通貨は怪しい・怖い、詐欺だ・・なんていう声がありますが、それはそもそも「仮想通貨を知らない」からです。

いま、時代の最先端である仮想通貨、始めてみませんか=*^-^*=にこっ♪

仮想通貨・ビットコインについて動画で復習してみよう

ABOUT ME
こより
こより
「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを目指して運営している「こより」です。主に初心者さん向けブログとなっています(๑•◡
取引所は目的別で運用しよう!

リップル・ビットコインキャッシュを安く購入したいならビットバンク

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで
取引手数料無料キャンペーン延長中!!
期間 2017年10月16日10:00〜2018年9月30日00:00

 
詳細ページ公式ページ

ネム・モナコイン・イーサリアムを安く購入したいならZaif(ザイフ)

ザイフではネム・モナコイン・イーサリアムを無駄な手数料を払わず日本円で購入する事が出来ます♪

 
詳細ページ公式ページ

アルトコインFXするならDMM Bitcoin

国内唯一アルトコインFXに特化した取引所。

 
詳細ページ公式ページ